PSPの活用方法を主に載せています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任天堂は3DS、Microsoftは新型Xbox 360とKINECTそしてSCEは・・・
PlayStation Moveでした。

新型PSPの発表がなかったのが残念でしたね。
今年の発売は本格的に望み薄になりました。

3DSは任天堂とサードパティに立体感に違いがあるらしいですね。
まだ3DSの性能を使い切れてないようです。

新型Xboxは薄型になり消費電力も下がったようでレッドリング問題も、発生しにくくなってるといいですね。
ソフトも充実しそうな感じなので期待できます。

そしてPlayStation MoveはどうなんでしょうWiiのコントローラを拡張したようなもの
にしか見えませんが、任天堂と差別化できるとおもしろいと思います。



スポンサーサイト
ゲーム部門のことだけ書きます。ほかはあまり分からないので、
ストリンガーCEOの発言。「ゲーム事業の損失は連結に含まれており、ソニー本体のシニアエグセクティブは、ボーナスの低下で責任を負っている。また、SCEのシニアエグゼクティブにも同様の措置が取られた。SCEのCEOを務めていた久多良木健氏は、偉大なエンジニアであり、多年に渡ってプレイステーション事業の成功を引っ張ってきた。久多良木氏はかねてから、今回の株主総会を機に退任することを考えており、後継者の育成にも取り組んでいた。退任は彼が考えていたことだが、会社との関係をすべて絶って離れていくわけではない。経営陣に対して、とくに私に対して、アドバイスをしてくれることになっている。彼自身も、きっと、今後数年で、輝かしい発明をするであろうと期待している」とのことです。また、「当初は、ハード面での損失はあるが、ソフトの販売促進、あるいはハードの製造コストを削減することで回収していくという、かつての製品と同じ道を踏襲している。PLAYSTATION 3は、Blu-ray戦略にとっても鍵となる製品、HDの世界を追求し、展開する意味でも一翼を担うもの。ソニーの将来にとって重要なものであり、必ず成功させる」とコメントした。

PSPに関しても気になる発言が平井一夫CEOからありました。
。「PSPは、家の中や、野外でゲームを楽しむだけでなく、デジタルカメラとして利用したり、GPS信号を受信して利用するポータブルデバイスとして発展する。ゴルフ場で、あと何ヤード残っているかといった使い方もできる。野外に持ち出して楽しめるソフトやアクセサリーを継続的に開発したり、PS3とPSPをネットでつないで、PS3のハードディスクのコンテンツにアクセスして、野外から楽しんでもらうという使い方も提案する」と発言しました。

ええ!ゴルフの距離を測るのに使うの?そんな情報どこにもなかったので驚きました。
あとは現在すでに搭載されているものばかりなので大したことはないですね。
これからのSonyに期待しましょう。
ゲーム部門をやめることだけは避けてほしいです。
  1. 無料アクセス解析
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
[PR]トラフィックEX 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。