PSPの活用方法を主に載せています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モバイルノートPC「VAIO type T」の「VAIO・OWNER・MADE」モデルのBTOメニューを強化し、10月6日より受注を開始する。

 HDDは200GB、フラッシュは48GB/64GBのオプションを追加。CPUはCeleronの超低電圧版Celeron M 423(Core Soloベース/1.2GHz)から超低電圧版Celeron M 523(Core 2 Soloベース/933MHz)に変更された。天板カラーは従来のブラック、ボルドー、シャンパンゴールド、プレミアムカーボンに加えて2層コート塗装の「ホワイト」と、職人による手吹きの「グリーン」が用意される。差額はブラックからプラス5,000円となる。


手吹きのグリーン 2層コートのホワイト



VAIO type S
(FOMAハイスピード対応)
 このほか、BTOメニューにFOMAカード用スロットを追加。NTTドコモの高速データ通信「FOMAハイスピード」が利用可能。FOMAハイスピードを利用する場合は、別途NTTドコモおよびFOMAハイスピード対応プロバイダとの契約が必要となる。FOMAハイスピード対応機の受注は10月16日より開始する。

 ワンセグチューナと排他搭載のため、ワンセグチューナを選択した場合、FOMAカードスロットは搭載できない。また、FOMAカードスロット/ワンセグチューナいずれも非搭載の選択も可能。

 FOMAハイスピード対応機については、「VAIO type S」もVAIO・OWNER・MADEモデルで対応する。外観の変更点として、液晶右側面に通信用のアンテナが追加される。受注開始日は10月16日。


●バイオノート505カラーの限定モデルも


バイオノート505カラーを採用
 加えて、VAIO・OWNER・MADEモデル限定で、「バイオノート505」発売10周年記念バージョンのVAIO type Tを発売する。受注開始は10月中旬を予定。発売台数は505台。

 天板カラーはバイオノート505と同じバイオレットを採用。従来モデルは天板カラーにバリエーションがあるものの、バッテリの外装色はすべて黒で統一されていたが、限定モデルではバッテリの外装色もバイオレットに塗装される。

 主な仕様などは未公開だが、従来モデルを継承し、何らかの強化が施されるものとみられる。

かなり物欲が刺激されるモデルですね。SSDがついに64GBを注文できるようになったのはすばらしいの一言です。PSPも標準でメモリ1GBぐらいあってもいいような気がしますが、コストの問題があるんでしょうね。
あと505カラーは古き良きソニーを連想させてくれます。505との比較写真がほしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pspkaikaku.blog89.fc2.com/tb.php/179-acd65567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
[PR]トラフィックEX 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。