PSPの活用方法を主に載せています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCE)は18日、「PLAYSTATION 3」(PS3)の最新ファームウェア Ver.2.10を公開。新たに、DivXとVC-1(WMV)形式の動画ファイル再生に対応した。
 新たに対応したDivXとWMVについて編集部で確認したところ、1,920×1,080ドットの動画ファイルも再生可能だった。ビットレートはWMVは7.9Mbps(映像)、DivXは6.8Mbps(映像)など。ただし、DivX 3.11でエンコードされたファイルは再生できない。また、著作権保護されたファイルや、2GB以上のファイルも再生できない。

 PS3をクライアントとし、DLNAを介したネットワーク経由での再生については、サーバーPC側にDivXやWMV形式のファイルを設置してもPS3側から認識されない。そこで、各ファイルの拡張子をaviに変更したところ、ネットワーク経由でも両フォーマットが再生できた。ただし、編集部では一部のWMVファイルで音声が再生されないことがあった。なお、テストに使用したサーバーはPCで、サーバーソフトはWindows Media Player 11。

 なお、WMVファイルを再生するためには、設定画面の「本体設定」において、「WMAの再生を有効にする」をONにしておく必要がある。



WMVファイルは「VC-1」というアイコンで表示される DivXファイルの情報表示画面。フルHD解像度の動画も再生可能 拡張子を変更することで、ネットワーク経由での再生も可能だった



「BDデータ管理」という項目が追加された

 Blu-ray Discビデオ再生では、新たに「Blu-ray Disc Profile1.1」に対応。BDビデオにPinP(子画面表示)のコンテンツが収録されている場合、それがPinP表示できるようになる。

 また、「ビデオ」の項目に、BDビデオの管理用データが保存される「BDデータ管理」という項目が追加された。



音楽CDやSACDを再生する際に利用できる「ビットマッピング」機能に「タイプ3」が追加された

 ほかにも、音楽CDやSACD(CECHA00/HB00のみ)を再生する際に利用できる「ビットマッピング」機能も強化。新たに「タイプ3」が加えられた。PS3向けに独自開発されたという手法で、「より細やかな音が再現できる」としている。

 また、BD/DVDビデオ再生時の「映像音声設定」項目で、ダイナミックレンジコントロールが選択できるようになった。深夜再生時などで、小音量再生する場合も音が痩せずに再生できる。

 ゲーム関連では、ボイスチャット時に自分の声色を変えられるボイスチェンジャー機能も追加された。

 編集部で確認した細かい追加ポイントとしては、音楽再生時に背景に表示される「ビジュアライザー」に、宇宙から見た地球の映像が追加されている。



BD/DVD再生時にダイナミックレンジコントロールが利用可能に。再生中にも設定できる ビジュアライザーに宇宙から見た地球の映像が追加された

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pspkaikaku.blog89.fc2.com/tb.php/208-565d8a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
[PR]トラフィックEX 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。