PSPの活用方法を主に載せています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月2日 発表
【プレイステーション・ポータブル (PSP-3000)】
10月16日 発売

価格:19,800円 (バリューパック:24,800円)


株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの国内向け販売を担当しているソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン (SCEJ) は、プレイステーション・ポータブルの新型機「PSP-3000」を10月16日から19,800円で販売すると発表した。同時に各種アクセサリも発売される。
 「PSP-3000」は8月21日にヨーロッパにおいて発表され、日本でも発売されることは明らかになっていた。大きさや重さに変更はないが、画面表示が美しくなったほか、マイクロフォンが内蔵されるなどハードとして進化している。

 9月2日に都内で行なわれた「PSP『プレイステーション・ポータブル』年末戦略発表会」では、同社のプレジデントを務めるショーン・レーデン氏が登壇。PSPの現況とPSP-3000の商品説明を行なった。

 PSPの現況については2007年9月に発売したPSP-2000が好調で、ショーン氏は「すばらしいスタートを切った」と表現。「今年の全コンシューマゲームハードウェアの1/3を占めている」と数値を引き合いに出し、好調が続いていることを説明した。またハードの販売台数の伸びに合わせ、ソフトウェアも同時に伸びていると言い、現状を「典型的なポジティブ・スパイラル局面」と言い表わした。

 同時にユーザー動向についても触れ、「ゲームもやっているが、ほかにもたっぷり使っている」とその傾向を分析。データによれば「(ゲーム以外に) 特になし」というユーザーは全体の16%に留まっており、「音楽を聴く」を筆頭に、動画、写真、Webブラウジングなど様々な用途で使用している。ショーン氏はPSPをもじって「“プレイステーション・パーソナル”とも言える」と表現。「ライフスタイルのひとつの道具となっている」と続けた。

 ここでショーン氏が胸ポケットから取り出し前方に掲げたのが、発表会の目玉となるPSP-3000。PSPの最も大きな特長である大きな液晶について「PSPの顔は液晶。それが進化した」と切り出した。画面サイズは4.3インチで480×272ドットという点では、これまでのPSP-2000と違いはないが、NTSC比が53%から85%に、コントラスト比は400:1から2,000:1へと向上している。応答速度も30msから8msとなっており、残像感が少ない映像を実現している。

 しかし、ショーン氏は「液晶だけではない。マイクも内蔵している。ゲームのデザインに役立たせることができる」とし、マイクを使用した新しいゲームの登場に期待しているコメントを残した。さらにユーザーからの要望が大きかったという「インターレース出力対応」についてもアピールする一方で、「PSPの特長のひとつ、カラーバリエーションを始めから用意している」と、ピアノ・ブラック (PSP-3000 PB)、パール・ホワイト (PSP-3000 PW)、ミスティック・シルバー (PSP-3000 MS) の3色を同時に発売すると発表した。

 ショーン氏はここでバリューパックに話題を移した。バリューパックは3色それぞれ用意され、価格は24,800円。本体のほかにバッテリーパック、ポーチ、ストラップ、クロス、そしてメモリースティックPRO Duo (Mark2) が同梱される。メモリースティックPRO Duoの容量は4GB。安くなっているとはいえ、大容量のメモリが用意されている。これは、前述のユーザー動向を参考にした結果だろう。ショーン氏は「PSPのデモや、PS oneのダウンロードコンテンツ、音楽やビデオを楽しめるように」と説明している。

 これらを総合しPSP-3000のプロモーションコンセプトを「美・画面 PSP」と発表。「画面がシャープになっている。私は自信を持っている。継続的に欲しい機能を入れていかなければならない」と今後もPSPを進化させていくことを表明した。

ハードウェアの進化とは別に、PSPはシステムソフトウェアをバージョンアップさせることで様々な機能を手に入れ進化してきた。ショーン氏も「ハードだけではダメ。ソフトウェアも、サービスも拡大させていきます」と語っている。

 ソフトウェア、サービス面での進化について、まず登場したのがPSPのPLAYSTATION Storeへの対応。これまでPLAYSTATION Storeに対応していたのはプレイステーション 3とPCのみだったが、秋に行なわれるPSPのシステムソフトウェアのアップデートにより、PSPから直接PLAYSTATION Storeにアクセスすることができるようになる。PSPのデモや、PS oneのゲームを楽しめるゲームアーカイブスをWi-Fiが繋がればPSP上から直接購入することができるようになる。

 実は先日発表されたSCEJの発売カレンダーで「勇者のくせになまいきだor2」と「BLEACH~ソウル・カーニバル~」の2タイトルが、パッケージ版の発売と同時にダウンロード版も発売されることが明らかとなっているが、このバージョンアップを見越してのことだったわけだ。つまり、PSPがPLAYSTATION Storeに直接繋がることで、新作タイトルもダウンロードして購入して楽しめることになる。これは携帯ゲームとしては大きな変化のひとつと言えるだろう。ショーン氏も「一気にビジネスを拡大できる」と期待をかけている。

 さらに、PS3でサービスが行なわれて人気を集めている「まいにちいっしょ」だが、PSPでも楽しめるようになる。ショーン氏は「無料でダウンロードしてもらえれば」とコメントしているので、PS3版同様、アプリケーションを無料でダウンロードすれば、毎日新しいコンテンツが楽しめるようになるものと考えられる。

 そして、さらにゲームユーザーとしては大きな話題が発表された。PSPにはアドホックモードに対応したタイトルが多数発売されているが、これまでは通常、PSPを持ち集まって楽しむしかなかった。しかし、PS3を経由してPLAYSTATION Networkサーバーにアクセスすることで、なんと離れた相手ともアドホックモードのゲームがプレイできるようになるのだという。ショーン氏は「みんな家に帰ったら遊べない。しかしこの機能を使えば、家に帰って『モンスターハンターポータブル 2nd G』を遊び続けることができる」とコメントし、「PS3とPSP、繋がっているフォーマットだからこそこういったことができる」とプレイステーションの総合力をアピールした。

 この機能については詳しくは後日発表される予定だが、いくつか明らかになっている点を挙げると、ただ単にPSPからPS3を経由してゲームをプレイすることができるだけではない。発表会で映し出されたスライドによれば、PS3側で同時にテキストチャット、ボイスチャットを行なうことができるようだ。ゲームしながらテキストチャットは現実的ではないが、ボイスチャットであれば十分利用できる。

 この機能はシステムソフトウェアのアップデートではなく、PS3にアプリケーションをインストールすることで対応する予定。アプリケーションは無料で提供され、インストールすることで対応ソフトウェア (ゲームのタイトル名) が表示され、選択するとユーザーが立てた部屋を表示。マッチングが行なわれるという。各ユーザーの通信状況なども表示され、それを参考にゲームに参加することもできるほか、PLAYSTATION Networkではフレンド登録機能などもあるため、それらの機能とリンクさせることも検討されている。

 PSP-3000だけではなくPSP-1000、PSP-2000もこの機能を利用することはできるが、問題はPS3側にある。無線LAN機能を持つPS3は大丈夫だが、PS3 20GBモデルは無線LAN機能を搭載していないため、この機能を実現することができない (PS3とPSPをアドホックで接続する必要があるため)。この点ではハード的に対応できないということで残念だ。

 また、アドホックモードに対応するソフトは多数発売されているが、全てのソフトでこの機能が利用できるのかと言えば、現状はそうではないという。しかし同社では秋のアップデートで全てのソフトのアドホックモードを楽しめることはできないが、順次検証し対応させていく予定ではあるという。とりあえず発表会で発表されたスライドにあるように「モンスターハンターポータブル 2nd G」の対応は最優先で行なわれているようだ。

 ハード的な進化はもちろん、ソフトウェアで新たな楽しみが広がる進化については、どんどんと実現させていって欲しいところ。ショーン・レーデン氏は馴れない日本語で「我々は遠慮無く進化する」と力強く挨拶。今後の進化にはその言葉通り期待したいところだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pspkaikaku.blog89.fc2.com/tb.php/230-78e09b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
[PR]トラフィックEX 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。